揚枠(あげわく)動画、更新!


B3W0baQCQAAzZNvB3W0cX1CQAABRekB3W0c4VCQAMvJWh

 

今回は揚枠(あげわく)という作業をご紹介します(^^)

 

揚枠とは

説明しよう!束になっている緯(よこ)糸を、「ひ」に巻く前の一本に分ける作業のことです。

揚枠にも「粗揚枠(あらあげわく)」と「小揚枠(こあげわく)」があります。

今回ご紹介するのは、小揚枠です!

 

いずれも、織り工さんが反物を織る前の緯(よこ)糸を分けていく作業です!※図1参照

緯糸をセットする道具のことを「ひ」と言います。(地域によって呼び方は違うようです。)

図1

 

文字で読むより、見たほうが分かりやすいと思うので…動画を撮影しました!

協力していただいたのは、丸巻き動画でも出演していただいたIさんです!

この動画は、揚機(あげき)で分ける前にセッティングしている様子です。

一本一本丁寧に揚機にセットしていきます…!

次は、いよいよ回して分けていきます、パッと開く緯糸は見ていて気持ちがいいです…!!

ちょっとでも力の加減を間違えれば糸は切れ、結びなおさないといけなくなり、そのときは動画のようにくるくると順調にはいかないのだそうです。

次は、分けた糸をまとめていきます。なんと!足を使うのです!

 

最後のこの1房が、織り工さんに配られます。

いかがだったでしょうか、職人さんによる小揚枠!めまぐるしく、細かく、気の遠くなるような作業です……!

もちろんこの一回だけでは終わらず、撮影後もIさんはくるくると揚機を回していました。

 

 

 

こちらの窪田織物のYou tubeアカウントで、これからも職人さんの技を撮っていきます!!

TwitterFacebookInstagramも順次更新中です!!!よろしくお願いします(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です